足がつる 対処法

足がつった時の対処方法について

誰もが一度は、足がつってしまったという、そんな辛い経験をした事があると思います。寝ている時、歩いている時、ふとした時に、その症状があります。

 

特に危ないのは、泳いでいる時などですね。その時に、そのままにしているとますます痛くなって、足を動かすことができなくなることもあります。

 

そんなことがないように、すぐに対処をしましょう。その対処方法として、一般的に行われているのは、つった部位を伸ばすということですね。

 

その時、足のふくらはぎの筋肉を伸ばすようにします。ふくらはぎの筋肉を触ると、ガチガチの状態になっていますね。

 

その状態をほぐすことが大事なのです。そのため、そのふくらはぎの筋肉を伸ばすためには、つま先をすねの方に引っ張り、アキレス腱を伸ばすようにします。

 

そしてその動作を、少しの間そのままにするのです。その後は、その動作を数回繰り返します。

 

すると、少しづつその痛みが和らいできます。すると、治っているということになります。

 

しかし、再び起きることもあります。一回起きると、また起きてしまうことが多いのです。

 

そのことから、油断をしないように気をつけます。もしもひとりで難しいと思った時には、誰かにしてもらいましょう。